矯正歯科での保険適用

矯正歯科でも保険適用になる場合

矯正歯科は自由診療と限らない

矯正歯科で治療を受ける場合は原則、健康保険が使えませんが。一部の疾患に限り保険診療の対象になります。まず、唇顎口蓋裂などの先天性疾患の場合です。23疾患が対象で構成・育成医療を行うための指定自立支援両機関であることが条件づけられています。もう一つは顎変形症の場合です。顎変形症とは顎の骨の形や大きさが原因で噛み合わせに問題をきたすというものです。こちらは顎の骨を切るなどの手術をした患者さんが対象です。術後の経過を診ながら矯正を行うことで保険適用となります。この顎の骨を切るという手術は矯正歯科では行いません。口腔外科というところで行います。さらに顎口腔機能診断施設での受診が条件づけられます。そして、手術を行う側と術後の矯正を行う側との連携がとれていなければなりません。手術は入院で行います。治療の流れとしては、まず矯正歯科で術前矯正を行います。これがだいたい1年くらいです。その後紹介された病院で手術を行い、術後経過はまた矯正歯科医院の方でみます。術後矯正には約1年かかります。術後矯正終了後も経過を診ていきます。保定機関といってリテーナーという器具を使い安定させる機関です。こちらにはだいたい2年くらいかかります。今、紹介したこれらの場合が保険適用となるのです。

↑PAGE TOP