矯正歯科での治療経過

矯正歯科の治療経過とその情報

矯正歯科では治療後の経過を見る

矯正歯科では主に歯列矯正を行っています。歯並びを美しくすることで顔全体の印象が変わるため、最新の情報では子供だけでなく成人でも歯列矯正が行われていることがわかっています。通常は歯の表側に矯正器具を装着して、その後、経過を見ます。矯正が完了するまでに要する日数は患者によって異なるため、矯正歯科の歯科医師に気軽に聞くと良いです。患者側が情報収集することは当然なので、評判の良い歯科医師であれば、丁寧に説明してくれます。ただし完了までの日数は、矯正器具を装着してからの経過にもよるため、矯正歯科で初めに聞いた日数よりも、時間がかかることもあります。また矯正器具の種類によっても、終了までの時間が変わってきます。矯正器具には従来の金属製の他に、生体親和性の高いチタン製のものもあります。矯正歯科では金属アレルギーのある人には、このチタン製を勧めることも多いです。その他、セラミック製やハイブリッドセラミック製などもあり、治療前に情報収集しておくと、後で後悔しません。最近は、プラスチック製も需要があります。また矯正歯科では、装置を付けた後の経過をしっかり診察してくれるため、安心です。万が一、腫れたり痛みを感じたりした場合は、速やかに歯科医師に告げることが大切です。

↑PAGE TOP